顔なんですよね。何人が意識していますか?

2016.06.04 07:48:59

現場には看板だったり・横断幕であったり・のぼりが良く立てられている。これは勿論宣伝と言う形もあるが、現場の顔だと思うんですよね。これを観てお客様は問い合わせをしたりするんですよね。そこに何人が理解しているのか?

勿論我々もここからお仕事頂いてる訳で、そこの現場に入っている職人さん・業者さんも言えばそこからお仕事を頂いてる事なんですよね。でもこの考え(当たり前なんですが)をはたして意識し、理解している人さて何人いるんでしょうか?(数えるのが怖いですね)

てっか、当たり前の事なんですが、その当たり前が出来ないのが現状。この事をここに書くのも悩みましたが、私のブログ読んでくれているのは実は現場の方々が多いと聞いています。のであえて書きます。(めっちゃ迷いましたが)

直ぐに言われる言葉、自分が来た時にはなってました、立ててたつもりなんですが、自分たちの仕事場を確保する為に物は避けるがそのまましておく。帰りもそのまま。何人かは間違いなく気が付いているはずなんですよね。アッ、倒れているなと。でも次の一歩が出ない。

この一歩を出しましょう。意識しましょう。誰も犯人捜しなんかは興味なく、気が付いたらする。それが気持ちいいはずです。

皆で少し考えてみませんか、現場の周り観て観てください。自分たちが捨ててない煙草現場に落ちてませんか、拾う余裕もちませんか。気が付くはずですよ。変わるはずですよ。

私も含めて再度皆様方に意識よろしくお願います。

山鹿 睦