毎年やって来る

2020.02.25 06:15:38

2月は父の命日である。この時になると何故かソワソワしてしまう。毎日手を合わせて

いるのだが、この時だけは忘れてはいけないと強い思いが来る。忘れられるのが一番嫌

だと思うので。そしてその日の朝に母にラインを打つのです。いつも思う事は、月日が経つのが

早いと言う事と、父が生きていればもっと面白い毎日なんだと感じる私。

毎回この時に書いていますが、後悔は父と二人で酒を交わしていない事。これだけが私の後悔です

だから、最近同級生と酒を呑むと、伝えるのだ、親父と1回は酒のみに行きやと。でも皆こう言う。

照れ臭いし、何話すか解らんと。

いや、それでも後悔するよりはいいで、その方が喜ぶはずと伝える。勿論その経験がない私が

いうのだから、説得力0だが。でも後悔はするで。

なので、行ってくださいね。

だからいつも父には2人で行ってない事謝っています。

私も年ごとに父に似てきているな~と感じる瞬間がある。特に子育てだ。厳しくも優しくもは何故か

自然と父に受けた教えの様な感じがする。

なので、昨日も4歳の息子は私に思いっきり叩かれていました。愛のムチです

そして、父の命日から、3日後が結婚記念日なのです。

う~ん。中々派手には出来ませんが、2年ほど前からお家を建てさせて頂きました、お客様の所で

お食事を予約して祝っています。これも出会いの一つだな~と思う。

家創りは本当に素晴らしいです。

さあ~だから今日も頑張ろう

愛言葉です

本日もご安全に

ペンネーム1515・結より