奮闘記

2019.05.14 06:19:36

この話はある一人の男の話である。その彼はまだ若いながらにも1人弟子がいる(3歳違い)

その職種の経験を持つ弟子である。完全なる素人さんでは無い。しかし実はこの経験が邪魔をする時が

ある。それは癖である。この癖を正に戻すのは実はかなり難しい。

また技術もそうだが、やはり礼儀一つにしてもそうだ。今まではそれで良かったかもしれないが、輪の中に

入った以上は全てが親方の責任になる。だから指導も含めて伝えて行く。

しかしこれが難しい。人間十色だけに、響く者もいれば、響かない者もいる、また響いているのにそれを上手く

表現出来ない者もいる。そこで感じるのが自分との差なのである。

自分もそうだった。

若い時は角ばっていたし、口も今よりかなり悪く別人だった。でもそれで良いと思う。若くして弟子を持ち、教育して

いる彼、でも実は彼自身も間違いなく成長して行っているのだから。1人の時は自分だけの判断で進んで行けば良い。

これは本当に楽です。全て自分の責任なので。

でも人が入るとこれは一変する。この重圧。実は凄いですよ。

 

でもこの重圧は中々経験できるものでも無い。でも若くしてこの経験をしている彼U君。凄い。いずれ気が付いて行くと思う

今の自分とその先の自分との考え方に

先ず、人思う事、周りとの会話内容、先読みする力、勿論お金の動き、教育方針と、自分の経験してきたし、今の経験中(笑)

だから話も聞いてて解るし、力になって2人共成長して欲しいと思う(上からではないが)

その話聞いて自分自身も成長出来る。言うのは簡単、行動にするのが難しい。

その思いにしたの人間がいつ気が付き、いつ覚醒するのかは、本人次第。

私もまだまだ勉強中に身であるので、少しでもスキルを上げるために常に本を読んで自分向上に努めている。

GWに読んだ本もかなり良かったし、あ~これ凄いと思いましたもんね(興味のある方事務所にありますよ)

*貸出無料(笑)

 

U君、そのままの方針でOKです。いつの間にか、変わります。O君も。そして君自信も。あれ?俺こんな考えだった

かな?と。それが成長なんでしょうね?

昨日の話を聞いていて、あ~俺もそうだもんな~と自分見直し反省でしたね。

兎に角、応援しています。まだまだ壁はありますが、楽しんで行きましょう。それがO君の為でもあり

U君あなたの為なのだから。

偉そうに書きましたが、一人の男の奮闘記を書いてみました。

 

では本日の愛言葉です。

本日もご安全に

ペンネーム1515・結より